建築現場を安全に管理

工事現場

シートの効果的な使い方

一般的にイメージされる建築現場は全体が足場シートで覆われており、それによって中の様子が全く分からなくなっているので防犯上と安全面の両方で効果を発揮しています。さらに清潔感のあるきれいな足場シートで覆われているならば、その現場のイメージはクリーンで安心できるものになることでしょう。周辺住民とのトラブルは工事現場を円滑に進行させる際に大きな障害となってしまいますが、それを防ぐことができるので一般的にイメージされている以上に重要な存在といえます。足場シートがあれば部品などの落下事故などを防ぎ、ほこりの飛散も防ぐことができるので工事自体の進行もスマートなものとなるのです。ただし、足場シートは仮設足場を囲うだけのシンプルな用途に使うものですが、様々な種類とそれに伴う特徴を有しています。防炎性能が優れているものであれば火災が生じた際のリスクを抑えることができ、工事で生じるほこりを徹底的にシャットアウトすることを重視したものもあるのです。ほかに長期工事をしても交換する必要がない紫外線対策が施されたものなどがあるので、その現場にあった特徴を有した足場シートを選んでいくことが重要となります。たとえばほこりをシャットアウトするものは風通しが悪くなるということも意味するので、現場によってはペンキ類が乾かなくなってしまうでしょう。そういったデメリットも存在するので、適当な種類の足場シートを選んだりせずしっかりと吟味して現場を囲うようにするべきです。

Copyright© 2018 ブルーガラスを利用【納得できる商品の品質】 All Rights Reserved.